●tulipメーリングリスト投稿内容●

投稿時刻 2020/01/18 01:44:42
お名前 アクティブラーニング型授業研究会くまもと(前川修一)
タイトル 【小中高大】【熊本開催】演劇手法によるコミュニケーション力向上ワークショップ
本文 ーーー
日本を代表する劇作家の平田オリザさんによる,演劇の表現手法を通したコミュニケーション能力の育成について考えるワークショップ。熊本開催
ーーー

みなさま,こんにちは。

今回ALくまもとは「演劇手法によるコミュニケーション向上ワークショップ」を企画しました。

講師は,日本の演劇界をリードし海外公演を重ねている劇作家の,平田オリザさんです。平田さんは,文部科学省コミュニケーション教育推進会議の座長としても活躍されています。演劇の表現手法を通してコミュニケーション能力を育成することがなぜ有効なのか,ことに学校現場で活用できる具体的な実践方法について,体験的に学んでいく貴重な機会となります。また,講演会では大学入試を含む教育改革全般について,記述式問題の頓挫はどこに問題点があったのかも含めてわかりやすく解説していただきます。

この機会に,多くの皆さまと学び合えることを楽お待ちしております。

なお,会場の都合上,定員になりしだい申込を締め切らせていただきます。今回お申し込みの殺到が予想され,地元を優先するために募集を手控えておりましたが,1月17日現在若干の空きがございます。お早目にお申し込みください。

またワークショップ終了後、参加者同士の親睦を深めるための懇親会を予定しています(平田氏も参加予定)。こちらの出席についてもぜひご検討ください。

【期日】2020年2月11日(火・祝)
【会場】熊本市現代美術館アートロフト(熊本市中央区上通町2−3)

10:30~ 受付
11:00~13:00 ワークショップ①
14:00~16:30 ワークショップ②
17:00~18:30 講演会 (大学入試を含む教育改革全般について)

【会費】一日参加 3,000円
ワークショップのみ 2,500円
講演会のみ 1,500円

【講師】平田オリザ氏(劇作家・演出家、劇団青年団主宰、大阪大学・東京藝術大学特任教授 ほか)

2011年フランス国文化省より芸術文化勲章シュヴァリエ受勲。コミュニケーションデザインの教育・研究に携わるとともに、日本各地の学校において、ワークショップを実践するなど、演劇の手法を取り入れた教育プログラムの支援・開発に力を注ぐ。

【参考書籍】平田オリザ「演劇入門」(講談社、1988)

【お申し込み】(お問い合わせもこちらから)

https://www.kokuchpro.com/event/20200211/

【主催者】アクティブラーニング型授業研究会くまもと

有志による研究会。昨年度は佐野和之氏(かえつ有明中・高等学校)を招いたパターンランゲージを用いた共感的コミュニケーションワークショップ(6月)、栗田佳代子氏、吉田塁氏(東京大学)を招いたティーチング・ポートフォリオ入門講座(8月)、探究活動を見据えた授業づくり実践講座(12月)、五十嵐沙千子氏(筑波大学)を招いた授業づくりのための哲学カフェ(2月)を実施。授業づくりについて県内外問わず広く交流・研究を行っている。