●tulipメーリングリスト投稿内容●

投稿時刻 2019/01/06 16:00:04
お名前 北野健一(大阪府立大学高専)
タイトル 【幼小中高大】第1回大阪府立大学高専 ティーチング・ポートフォリオ・チャート作成ワークショップのご案内(1/27)
本文 tulip-MLの皆様

いつもお世話になっております。大阪府立大学高専の北野と申します。このたび、ティーチング・ポートフォリオ・チャート(TPチャート)作成ワークショップを開催することになりました。ご自身の教育活動について、他の参加者の方々とともに振り返ってみたい方、ぜひご参加くださいますようご案内いたします。

日時:2019年1月27日(日) 13:00~17:00
12:30 受付
13:00 TP チャート作成ワークショップ 開始
17:00 TP チャート作成ワークショップ 終了
17:30 情報交換会(京阪寝屋川市駅近辺)

場所:大阪府立大学工業高等専門学校 図書館棟2階ゼミナール室(大阪府寝屋川市)
   https://www2.ct.osakafu-u.ac.jp/about-opuct/access/
対象:教職員(幼小中高大どなたでも)
定員:56名(先着順)
講師:大阪府立大学高専 東田卓、金田忠裕、北野健一
費用:無料(ただし、情報交換会は有料)
〆切:1月26日(土)23:59 
目的:TPチャートの作成を通して教育活動をふりかえる
   TPチャートの作成を通して作成の意義や可能性について考察する

参加申込:https://goo.gl/forms/YN3Ejt3NjSJzvhBj2

【備考】
*ご参加の皆様には、アンケートなどにご協力くださいますようお願い致します。


【TP・TPチャートについての説明】

ティーチング・ポートフォリオ(TP)とは、「自らの教育活動について振り返り,自らの言葉で記し,様々なエビデンスによってこれらの記述を裏付けた教育業績についての厳選された記録」をいいます。

基本的な構造は、
-教育の責任(何をやっているか)
-理念(なぜやっているか)
-方法(どのようにやっているか)
-成果(どうだったか)
-今後の目標(これからどうするか)
です。

自分の教育の「軸」はどこにあるのかを、「振り返り」と「対話」によって明らかにしていくプロセスです。

TPは8~10ページほどの本文と、それを裏付けるエビデンスからなる文書で、本来作成に3日ほどかかります。今回のワークショップはTP入門講座として、「ティーチング・ポートフォリオ・チャート」(TPチャート)を半日で作成します。TPチャートは一枚のワークシートで、TP同様、段階的に教育活動の振り返りを行うことができます。あちこちで様々な研修が実施されていますが、「テクニック」ではなく、「マインド」の重要性をひしひしと感じます。しかしながら、課題とどう向き合い、どうブラッシュアップするかというアプローチはまだ不十分であると思います。今回ご紹介するTPやTPチャートは、そこにアプローチする強力なツールです。是非、多くの方々に体験していただきたくご案内申し上げます。

参加希望の方は、資料準備の都合上、下記へ参加登録をお願いします。
https://goo.gl/forms/YN3Ejt3NjSJzvhBj2

【問い合わせ先】大阪府立大学高専 TP研究会 北野健一
   kitano(a)osaka-pct.ac.jp  ((a)を@に代えて送信ください)